コンテンツへスキップ
イオンファームのロゴ

DARCを搭載した除水器の性能

各水イオナイザーの pH、ORP、および H2 の性能の違いは何ですか?

ダーク

新しく購入したイオナイザーは、価格やプレートの枚数に関わらず、問題なく飲用・健康に適したアルカリ水を最短1週間から最長1ヶ月間生成することができます。

ただし、イオナイザーの pH、ORP、および溶存水素値は、時間の経過とともに減少することが観察されます。

その理由は、アルカリ性ミネラルがプラチナプレートとメンブレンの表面にプラークを蓄積させるためです。そして、この致命的な問題は、電極(プレート)の数が増えるにつれて急速に悪化します。

その理由は、アルカリ性ミネラルがプラチナプレートとメンブレンの表面にプラークを蓄積させるためです.

これらのミネラルプラークの除去が間に合わないと、次第に石灰化して電解能力が低下し、pH、ORP、溶存水素の性能が低下します。

(定期的に歯石除去を行っている方は、上記の説明が理解しやすいと思います。)

したがって、イオナイザーの pH、ORP、および H2 の性能は、電極の数やコストの高低ではなく、電極とメンブレン上のこれらのミネラル プラークを効果的に防止することが、イオナイザーの性能を決定する鍵となります。

ほとんどすべてのイオナイザには、一般に「クリーニング システム」と呼ばれる「逆極性クリーニング」と呼ばれるミネラル プラーク防止システムが装備されています。しかし、このような逆極性洗浄システムは、ブランド間の技術的なギャップが大きく、ブランド間の洗浄能力に大きな差が生じます。

逆極性洗浄の原理

逆極性クリーニングとは、イオナイザーの極性を逆にすることです。プラス電極がマイナスになり、逆になります。

スケールミネラルを含むアルカリ水に電極を「浸す」と、ミネラルスケールの影響を受けやすくなります。極性を逆にすると、同じ電極が酸性水にさらされ、ミネラル スケールが除去されます。

スケールを除去するのは酸性水であるため、最適な効率を得るには、洗浄サイクルに最適な「酸とアルカリの洗浄比」が必要です。

最も効果的な逆極性洗浄のためのアルカリ対酸比

調査によると、鉱物のスケーリングを防ぐには、少なくとも 50:50 の比率で逆極性洗浄を行う必要があります。

 つまり、1リットルのアルカリ水を使用する場合、アルカリ水に使用している電極の極性を変えてから、1リットルの酸性水で洗浄することで、最適なアルカリ、ORP、溶存水素を発生させることができます。

 ほとんどすべてのイオナイザは逆極性洗浄タイプを使用していますが、ほとんどの場合、何十年もの間、進歩や技術的改善がない旧式の洗浄システムを使用しています。

このため、洗浄工程中にアルカリと酸の電極と各排出口が逆になり、洗浄工程中にアルカリ水を使用できないという問題があった。

 幸いなことに、DARC と呼ばれる新しい革新的な技術が開発され、これらの時代遅れの洗浄システムに取って代わり、電極と膜のミネラル スケールを防ぐことができます。

 ダルク技術は、電気分解中に定期的に電極の極性を交換することにより、ミネラルプラークを防止できるという考えに基づいています。

 ダルクの水電池(電解槽)には、アルカリ水と酸性水を排出するための出口で水の経路を変えるロータリーバルブが装備されています。

 このロータリーバルブはマイコンに接続されています。マイコンが電極の極性を反転させると、ロータリーバルブも回転し、バルブ内部の出口パイプがアルカリ水と酸性水の出口経路と一致します。

 したがって、消費者は洗浄プロセスに関係なくイオナイザーを使用できます。

 洗浄システムは必須であるため、技術によって3つの方法に分類できます。

各洗浄システムは、独自の方法でそのタイプに分類することもできます。

まずは「プログラムクリーニング」  特定のプログラムに従ってクリーニングする方法

第二に、「化学洗浄」  外部から機械に直接薬剤を注入して洗浄する方法

3つ目は「ダルククリーニング」  最も革新的な新技術「ダルク洗浄」を導入したイオナイザーブランドです。

各洗浄方法の分類と違い

1) プログラムのクリーニング方法 - 4Tyes

プログラム クリーニング タイプ 1 : 手動システム (酸性ボタン)

極性を逆にして、自分でサイクルを開始することを忘れないでください。

この手動システムは、すべてのイオナイザに不可欠な酸性水ボタンです。

ほとんどのブランドは、洗浄または殺菌のために設計された機能としてそれを伝えています.

それでも、この機能は、アルカリ水を使用した直後にアルカリ電極を酸性水で洗浄して、アルカリ電極のミネラルめっきを防ぎます。

プログラム洗浄 Type2 : ポスト洗浄システム

毎回使用後に洗浄しますが、洗浄サイクルが非常に短いため、酸とアルカリの比率が低くなります。

イオナイザの電源を切ってから洗浄を開始するため、電解槽内の水のみを使用します。そのため、アルカリ電極やミネラルスケールを酸性水で十分に洗浄することはできません。

プログラムクリーニング タイプ 3 : タイマー方式

15 分ごとの使用など、設定した間隔でクリーニングします。 15 分間の実行時間の後、次にイオナイザーをオンにすると、ユニットはクリーニング サイクルを開始します。ほとんどの場合、プロセスが完了するまで待つ必要があります。

プログラム クリーニング タイプ 4- ボリューム システム:

タイマー方式に似ていますが、イオナイザーを通過する水の設定量(例えば、10リットル)に基づいて洗浄します。また、待つ必要があります。

時代遅れの洗浄システムにはそれぞれ欠点があります。毎回酸性ボタンでアルカリ電極を洗浄することを覚えておかなければならないか、イライラするかもしれません。また、タイマーとボリューム システムは、酸性とアルカリ性の洗浄比率が低いです。最悪の欠点は、上記の各手順で、アルカリ飲料水を受け取る前にサイクルが完了するまで待たなければならないことです.

各洗浄方法の分類と違い

2) ケミカル洗浄 – 2種類

薬液洗浄とは、フィルターハウジングに洗浄液や化学物質を入れて水を循環させることで、イオナイザーや電解槽内の配管のアルカリ性ミネラル分を溶解させる方法です。

化学洗浄タイプ 1 : 洗浄フィルター (またはスケール除去フィルター)

クリーニングフィルターは、イオナイザーフィルターとは別に購入する必要があります。

洗浄フィルターの内部には、アルカリ性ミネラルを溶解する化学物質が含まれています。この薬液は水とともにイオナイザーに注入され、内部のパイプと電解セル内のアルカリ ミネラルを溶解します。それでも実際には、ほとんど効果がないと言えます。

また、洗浄フィルターは一度洗浄すると再利用できないため、別途洗浄フィルターを購入することは資源の無駄に加えてコスト負担となります。

化学洗浄タイプ 2 : ディープ クリーン ツール (デスケール ツール)

2つ目のケミカル洗浄方法は、家庭用水槽の水を循環させる装置を改造した「ディープクリーン装置」と呼ばれるタンクの外側を利用した洗浄方法です。

装置内に化学物質を溶かした水を入れると、この化学物質が機械内の配管や電解槽を数分から数時間循環し、アルカリ性ミネラルを溶かします。

これにより、サーキュレーターが稼働している間はイオナイザーを使用できなくなり、ディープクリーンと呼ばれる水循環サーキュレーターを別途購入する必要がありました。

さらに、水垢を溶かすほど強力な薬品が電解槽のダイヤフラム(隔膜)を損傷することも見落としがちです。電解槽のダイヤフラム(膜)は、電解槽のミネラルが通過する微小孔を備えた薄いプラスチック繊維膜で構成されています。

そして一番心配なのは、隔膜(膜)が壊れるとアルカリと酸が混ざって排出され、アルカリ水には残留塩素まで検出されてしまうことです。

各洗浄方法の分類と違い

3) DARC - 高度な洗浄システム

DARC Type1 : DARC (デュアル自動逆洗浄)

DARC は使用するたびに洗浄し、有害なスケールの蓄積を防ぎます。これは、イオナイザを使用するたびに極性を反転することによって実現されます。

革新的な DARC 洗浄システムにより、電極とメンブレンのミネラルスケールが除去されます。

DARC は、イオナイザを使用するたびにバックグラウンドで電極をクリーニングするため、非常に効果的です。

さらに、水の流れを制御するデュアル ソレノイド システムにより、イオナイザーがアルカリ水を得るために洗浄するまで待つ必要はありません。

DARC Type2 : DARC + ハイブリッド洗浄 (DARC + 後洗浄)

アルカリ性ミネラルは、アルカリの出口で最もプラークになりやすいです。

DARC機能を搭載したイオナイザー。

そこで、Alphaイオナイザーにダルク+ハイブリッドポストクリーニングをセットし、アルカリフレキシブルコンセント内のアルカリミネラルのメッキを防ぎます。

電源を切った後、消費者が設定した時間、自動的に酸性水を排出し、チューブ内と水槽内を殺菌します。残留アルカリミネラルは酸性水に溶解し、排水口から強制的に排出されます。

ja日本語